ただの備忘録

現場を振り返ることを枷にして記憶の定着を図る。つまりただの備忘録。(主に舞台の感想)

「シティ・オブ・エンジェルズ」@新国立劇場中劇場 2018/9/8ソワレ、9/9、9/12マチネ、9/17

東京公演お疲れ様でした。ひたすら柿澤さんと木南ちゃん(ときどき山田くん)を観る演目でした。そして「どうやったらもっと良くなったのか、何がいけないのか」と考えながら観るようになってた。チケ代11500円。いつもなら13500円でも「お値段以上!」とホクホクしながら劇場出るのに、「柿澤さんと木南ちゃんいなかったら、金返せレベルじゃんこれ…」となるやつ。そんなわたしがなんでこんなに数を観たかというと、単純に手元にやってきたチケットの座席が良かったからハハッ 後方席だったらすぐ手放してたぞ♥

わたしのこの気持ちを成仏させるための感想。アンケートは最後までおいてくれませんでしたね!(恨み節)

 

 

この公演の感想をググると、わたしの感想が上のほうにきてしまっていてビビった。みんなも感想書いて良いんだよ(もちろん良かったという感想も)。

 ↓前回の感想

ta-ma27.hatenablog.com

 

邪道ミュージカル(※東京楽での出演者コメント)もいいとは思うけど、作品へのリスペクトは必要だと思うんです。あまりにも憤慨したので、海外版のスクリプトをネットで見つけて読んだよ。斜め読みだから正確ではないし、わたしが読んだスクリプトがBWのものかWEのものかもわからないし、もしかしたら誰かが書き起こしたもの(!)かもしれないので悪しからず。それとわたしが読んだものが日本版の元になった版かどうかはわからないので、制作の人が読まれたら何を言ってるんだという可能性もなきにしもあらずです。が、書かずにはいられない。

 

 

  • 脚本について

驚くことなかれ、本筋はけっこう忠実にやっていました。マンドリルがスピリチュアルセラピストって書いてあって頭抱えた。いや、これ福田さんの脚色だと思うじゃん。

ちなみに個人的に福田さん脚色だと思っていたけど、オリジナル通りだったところの抜粋

・Stone:"Slip the pencil under, too."

・Big six:"Hope this don't disturb the neighbors."

・Stone:"Nature's funny."

・Peter:"I'm afraid I'm a bit messy."

・Stone:"I don't remember you and me getting married."

・Mallory:"Sort of mixed double."(※Stoneの台詞ではない!)

・Carla:"There's tons of food out there, Avril." "And now it's time to be hungry, dear.

 

読みながら「まじか…」と項垂れた。確かにこの作品はコメディに分類されているんですよね。初演が1989年で約30年前の作品。笑いのポイントもずれているからかなぁとも考えたけど、2014-2015年にあったWE公演でOlivier賞(Best musical revivalとBest Lighting Designは最優秀賞)を受賞しているってことはそういうことじゃないんですよ。あくまでも想像だけど、笑いの雰囲気としては「フルハウス」みたいな感じなのかなぁと思った(パッと思い付いたのがこれだったけど、年代がばれるw)。シチュエーションコメディというか、ドラマの流れのなかで少しずれた台詞や皮肉った台詞を言う。演出がしっかりしていればそれだけでクスクス笑えると思うんだけどなぁ。先述した「Nature's funny」のくだりのところとか普通に笑いたかったのに、バラエティ番組みたいに笑いを強要される演出のせいで笑えなくなってしまって、後半の観劇は感情が無になっていた。「笑わせよう」としているところが逆に押し付けがましく感じたし、何よりテンポが悪くなって本筋の流れを止めていた。

勝矢さんと二朗さんのターンはあまりにも遊ばせ過ぎてた。この作品を「面白かった」と述べている9割ぐらいの方は、この"福田成分"を面白がっているように思えたのだけどどうなんだろう?作品としての面白味は感じられましたか?この伏線がここで回収されてる、この登場人物はここの場面でこういう表情しているから、こういうことなんじゃないか、こういう話って現代でもこういうことに繋がってるよね、とかそういう作品としての面白味はありましたか?(←これは考察好きの考えかも?)

個人の好き嫌いの範疇になってくるとは思うのですが、わたしは福田さんの"遊び"が本筋とは関係ないところで展開されていて面白くなかったです。観ながら「この時間、いったいなんなんだろう」とすら思ってました。高いお金を払ってこんな思いをするなんて。福田さんの考える「笑い」ってこういうことなの?(今更ですが、個人的に福田さんの映像作品は楽しく見る方です)

そんななか瀬奈さんの役回りはかなり原作に則った笑いの取り方をしていたのではと思う。" it's time to be hungry"の箇所の言い方とか!まぁ完全にグリブラコントの再現だったけど←

 

恨み節が出てしまいましたが、まだ続きます。

海外版スクリプトを読んで気になったところとか諸々

 

①マロリーがなぜ企てたのかという理由。わたしの聞き間違いでなければ「ムニョスが写真を撮ったから」と言っていた。観劇中も「ムニョスが…?」と疑問に感じていてのですが、スクリプトには「Manuelo took some pictures」と。……Manueloって誰やねん!!

って福田さんも思ったんでしょうか。ムニョスがストーンの部屋でマロリーの写真を見て「それにお金が絡んでる」(言い回しはニュアンス)っていう台詞に意味をつけたかったのか?当初、スタインが書いていたムニョスの設定ではストーンのような白人が優遇されていることから憎んでいたけど、ムニョス自身も悪事に手を染めていたら背景がだいぶ変わってきません…?「白人は殺人を犯しても見逃されるけど、白人以外は恐喝でさえ許されない」ってことを示してるの?でもそうだとするとムニョスは早々に警察官辞めさせられてるよね?んん?

 

②ムーニー。これは完全に福田さんの改悪ではなかろうか。わたしも読んでいて驚いたんですけど、ムニョスがウーリーに電話を掛けている場面があるんですよ。

"Oolie? What do you say, sweetheart? ……Right. It's Manny Munoz……."

読んだ感じだとムニョスからウーリーへの一方的な好意なのかな。でもこの場面があれば、ストーンがなぜ「マニー」と呼んだのかが推測できるじゃないですか。ウーリーがムニョスの電話をストーンに愚痴っていたから、ストーンも「マニー」の愛称を知っていた→俺達仲間だったじゃないか、という親愛の意味を込めてマニーと呼ぶ、とかいくらでも。それがマニー→ムーニー→赤ちゃんと思ってるのか→俺がデブだからか→ダイエットする!→ライザップっていう流れよ…文章にするとなんとも悲しくなってくる。

 

③ラストの場面で、「カット!」と叫ぶのは誰か。これも驚いたんですけど、「カット!」と叫ぶのはストーンではなくてスタインでした。これ、だいぶ意味合い変わってくるよ?そもそもストーンはスタインが書いた主人公で、頭の中の人物なわけでストーンが何をしゃべろうが周りの人物には聞こえないはずなんです。だから、スタインとストーンが2人でひとつということを表しているのかなと考えていた(ストーンが感じたことはスタインも同じように感じている)。スタインに「カット」と叫ばせると、自分の意思で止めたという印象が強くなるからかな?ここは福田さんの解釈でもいいように思えた(ようやくAgreed)。

 

④セクハラ、me too問題。これが一番許せなかった。福田さんはこの問題をどう考えているのか問いただしたい。悲しいことに確かにスクリプトにもあるんですよ。

Anna:"See you tomorrow, Mr.Fidller"

(She exists with gurney, Buddy giving her bottom a farewell pat.)

福田さんはマッサージ師をアジア系(って出ている人みんなアジア系だけど)で、片言で話す設定にしていたんですが、その女性が「チェクハラハラチュメント!」と訴える→二朗さん演じるバディが「おいおい、お前何て言ったんだ」(言い回しはニュアンス)と突っ込むんですね。びっくりしたんですが、このやり取りに笑いが起きていたんですよ。演出する側も笑いを取りにいって、それに笑いで応える客。ドン引きした。そのバディの行為に対してスタインが「そんなことやってたら、いつか訴えられますよ。一人がやり始めたらみんなme too、me too言い出すんですよ」と続いてたんだけど、そこでも笑いが起きていて虚しくなった。笑えるの…?みんな面白いの…?スタッフも制作も誰も何も思わなかったの??わたしは嫌悪感しかなかった。この件に関して、福田さんや制作の見解を聞きたい。

 

⑤ラストはスタインが自分の最初の脚本を取り戻してハッピーエンド!という終わり方。これは福田さんが散々笑いを取りに行った結果なんですが、スタインの元の脚本って、シャー芯2Bとかのくだりがあるんですよ(バディが「この2Bと2Hのくだりいるか?」って言っているので、バディの案ではない)。そういうのがあると、スタインが自分の最初の脚本を取り戻しても晴れやかな高揚感が生まれないというか、「あのくだりがあるけど大丈夫…?」っていう思いがぬぐえない。

 

⑥東京後半で、ラストの撮影する場面でバディの台詞が追加されていた。スタインとのやり取りで「映画は俺のものだ」みたいな台詞。確かにバディは人間としてくそ野郎だけど、仕事はちゃんとしているんですよね。「デブだから~🎵」の一連の流れは福田さんの改編だけど、バディ自身はこれを使えとは言っていなくて、「磨け、輝かせろ」とスタインに言っている(結果、スタインはそのまま使った)。それだとバディの仕事ぶりを非難するには弱いと判断したのかな?追加しても別に構いはしない内容だったけど、個人的にはもっと直す箇所あるでしょ?という気持ち。

 

 

海外版スクリプトを読んで感じたのが、この本は「Cover」がキーになっているのではないかということ。スタインは脚本の表紙と映画に自分の名前が載ることに執着して、また女性のことは表面のことしか見ておらず、彼女たちがどういう気持ちなのか知ろうともしない(これは「What you don't know about women」の歌詞にもある)。それが「もう一人の自分」であり「自分のヒーロー」でもあるストーンによって、あらゆる「Cover」の執着から脱することができた。だからラストはギャビーも登場してハッピーエンド!ということなのかと。なお、日本版は無駄な場面が多くて、ここまでのことは考えもできなかったし、感じることもできなかったことを付け加えておきます。

 

 

脚本だけでこんなに書いてしまった。まだ恨み節は続きます。

 

 

  • 演出について

ではここで海外版のCoAの映像をご覧ください(※公式映像です。1つめはOlivier賞授賞式のものなので、実際の劇場とは違うと思いますが照明の違いが分かりやすかったので)。

 

m.youtube.com

 

m.youtube.com

 

まず違いを感じたのが照明。皆さん気づいてました?わたしは3回目で気づきました。CoAはハリウッド(現実)セクションはカラーで、映画セクションはモノクロで作られているんです。わたしも事前に海外ではそういう作りになっているということは知っていたのですが、日本版を見たときに「海外版みたいに色味変えてないじゃん!!」って思ったんです。3回目のときに何でだろうと注意深く観ていたら、ちゃんと映画セクションのときは登場人物はモノクロの衣装しか身につけていなかったし、ハリウッドセクションと並んでいるときはグレーがかった照明になっていたんです。驚き。なんでこんなに気づかなかったのか。座席が前方だったからかなとも思ったけど、少し引きで全体が見れる席のときも同じように感じた。恐らくですが、基本的にずっと明るい照明だからではないかと。映画セクションのセットの色味をグレーにしてるけど、それを感じさせない照明とは…?照明担当どなたですか…!?とプログラムをチェックしたよねハハッ

 

あと特に気になったのが空間の使い方。どこかの記事で(日本のやつか海外のやつかは忘れた)、この演目は場面数が多いから上演されにくいっていうことが書かれていたけど、日本版観て「ですねー」という感想。場面転換の度に暗転するので、笑いを取りにいって間延びた分に加えてのこの空白の時間によって集中力を維持できなかった。この脚本でこの演出(+役者の演技)ということを考えるとやっぱり中劇場はキャパが大きすぎる。空間が余りすぎていた。

mdpr.jp

リンク先のゲネの写真を見るとセットで詰まっているように見えるけど、実際はこの写真の枠の外は無です。再度言いますが、無です。オケを舞台上にあげていたの正解だね。オケがいなかったら舞台上空はさらに無の空間になってた。写真の画角内(2mくらいの高さのセット内)は作り込んでいるんだけどねー。空間を活かしきれていない。福田さんは映像畑の人だから、画角内のことしか考えてない?でもブロ銃のときはその点は気にならなかったから違うか…。やっぱりもっとキャパが小さい劇場でやるべきだった。

 

 

  • 今回の公演について

前回の感想でも書きましたが、全体的にクオリティが低かった。芝居、歌、演出。

Prologueのアンサンブルさんたちの歌ですが、この曲を歌いきれるスキルの方たちじゃなかったんでは…という気持ち。楢木さんがジミーとしてメインで歌っておられましたが、うーん…。そしてダンスはお上手な方なのに、今回の振り付けはその魅力が出ていなかった…。アンサンブルさんたちの曲が数曲あるんですが、どれも聴かせる感じではなくて辛かった。わたしは今後の公演でこの方たちのお名前があったら心配になってしまうよ…。

 

芝居に関しては特に優ちゃんが厳しかったかなぁ…。お芝居の仕事をあまりしていないっていう背景があるのは構わないだけど、だったらきちんと演出、演技指導しようよ福田さん。スタインの手紙を読み上げるところとか、ストーンとのやり取りの場面は、何と言いますか観ているこっちが恥ずかしくなってくる感じ…。歌とダンスは上手いと思うんだけど、ギャビーやボビーがどういう人間なのかが伝わってこないんだよなぁ。歌詞もするする~っと頭から抜けていく(但しこれは訳詞のせいもあるかもしれない)。棒読みでもないし、無表情でもないんですけど、芝居ができる人とそうじゃない人の違いを感じた。

「It needs works」のときのギャビーの気持ちが全然わからなくて、怒ってる→急に可愛げ出して甘える→怒り再び→スタイン送り出すっていう流れなんですけど、感情の起伏や真意が掴めない。なに?どういうこと?と英語版の歌詞とにらめっこ(日本語の歌詞は「書いて!」「台無しだわ!」「本読みも付き合うわ」くらいしか記憶に残ってない)。

By the finish, she has banded him his hat. Suitcase in band, Stine exists, leaving a sad Gabby alone.

sad Gabbyなんですよ。ここ。でも優ギャビーはスタインの背中を押して、彼に仕事行ってこいみたいな仕草をしているのですが、どっちかというと微笑んでいたんですよね(っていうかそもそもこの場面、ギャビーが客席に半分背を向けているから前方席か上手側サイド席じゃないと表情見えない)。ここで悲しい表情かそうじゃないかで、解釈全然違ってくるから!!

But call me anytime you seem yourself
When you've decided to redeem yourself
When you discover where this self deception leads
I'd rather see you shoot yourself
Than watch you prostitute yourself
Your new routine is too routine
It needs work

日本語でこんな感じのこと歌ってた…?記憶がない…。この歌詞とsad Gabbyなら彼女の気持ちや一連の行動の理解が深まる。あまりにもギャビーが何を考えているのかわからなかったから、この場面はスタインのギャビーに向ける優しくて柔らかい表情をひたすら愛でていた。

 

あと二朗さんのターンでよく起こっていたんですが、二朗さんがボケてる横で何もせずにそこにいるだけのあなたたち!!お願いだから芝居して!?!?ストーンがボビーの部屋でアーウィンと対峙するとき、銃を構えるだけのストーンとベッドでうつ向いて時々チラ見するギャビー。まぁそもそもの原因はボケを入れすぎて間延びしてるからなんだけどね…。芝居の濃度を密にしてくれ…。それと劇場のサイズにあった芝居をお願いします…。基本的に小劇場サイズ(TVサイズ?)の芝居のところに柿澤さんだけがきちんと劇場に応じた芝居をしてくれていた。

 

あ、良いことも少しは言おう。アドリブっぽい芝居はみなさんお上手でした!どこまでが台本かアドリブなのかわからない絶妙な力加減はさすが。但し「カッキー」って言わせる台本はまじで許さないからな!!グリブラコントはグリブラだけでやってください。

 

本当に柿澤さんと木南ちゃんが出てくれていて良かったよ。木南ちゃんの「You can always count on me」は自虐的な内容だけど、可愛くていじらしいダナとウーリーを魅力的に表現していた。柿澤さんはこの舞台のミュージカル部分の屋台骨だった。東京楽の柿澤さんのFunnyの迫力には圧倒されたし、物語の間を埋めてくれる芝居をしてくれていた。改めて柿澤さんの芝居歌が大好きだなぁと思ったよ。

 

楽曲がどれも素敵なだけに、別の演出家で観たかった。福田さんは王道ミュージカルだけじゃなく、もっと気軽に見にこれるミュージカルがあってもいいじゃないかと仰っていて、それにはとても同意できるんだけど、その結果がこの舞台というのは甚だ疑問。この作品である必要性はあったのか?もとの作品のクオリティからかなり下げられたものを見せられたという気持ちを抱かせる作りに反発があるのでは?その辺りが解消されない限り、福田さんの舞台は怖くて観に行けない。

 

もっと言いたいことあった気がするけど、疲れてきたのでここらへんで切り上げます。また思い付いたら追記するかも。

 

みんなお疲れ様でした!

「シティ・オブ・エンジェルズ」@新国立劇場中劇場 2018/9/1、9/6ソワレ

不安が的中してしまった。ブロ銃のときにCoAは福田成分多目になると監督自ら呟いていたので不安だった。でも僅かながらに期待もしていたんですが…あぁぁぁぁ願い叶わず。本当は劇場のアンケートに色々書こうと思っていたのに、アンケートが置いていない!!!ってことで、思いの丈をここで。(観客の意見は聞かない方針なの…?聞きたくないの…??)

あんまり気持ちの良い感想ではないので、読むかどうかはご自身で判断してください。もしここにたどり着いた方が主催者、関係者の方でしたら読んでください。一観客の正直な感想です。チケット完売しているからといって、良い作品とは限りません。幕が開いたとたん、チケット譲渡が一気に増えた事実が作品の評価を物語っている。

 

==================================================

<出演>

山田孝之柿澤勇人山田優渡辺麻友木南晴夏、勝矢、瀬奈じゅん佐藤二朗、他

<演出・上演台本>福田雄一

<翻訳・訳詞>保科由里子

音楽監督・指揮>上垣聡

==================================================

 

 以下、ネタバレ含みます。

 

 

 

 

 

まず全体的に演者のレベルが低い(舞台でのスキルね)。柿澤さんだけ突出して高いレベルで、あまりにも周りとの差が歴然としていて逆に面白い← 

冒頭、アンサンブルさんたちがシャバダバと歌いながら踊るんですが(どちらかというと踊りメイン)、あれ…?心魅かれない…。わたしアンサンブルさんたちの曲があるとテンション上がるタイプなんですが、全然テンション上がらない。舞台の世界観を支える役目としてアンサンブルさんたちって凄く重要なのに、ハリウッドの世界に誘われないし、長い。……あ、そうか、これってスタインの脚本のイントロが長くてつまらないってことを現しているのか(閃き)。

 

今回、柿澤さん以外が映像の仕事をメインでやっている人たちでしたが、うーん…舞台の発声じゃない…。クリアに聴こえる柿澤さんと比べて、舞台を意識した発声ではないためかマイクの音量大きめで余計音が悪くなっている。福田さんの映像作品に多い、平坦で真面目なトーンでふざけたことをやるという演出をするためにはそうせざるを得ないのか。こういう演出なら中劇場ではなく、クリエぐらいの箱の方が良かったんじゃ?

 

あとは歌が「聴かせる」レベルではない。歌唱指導どなたですか!!と怒りながらプログラムをチェックしたよ…フフッ。山田くんは元々の声がジャジーな曲調と合ってて、雰囲気は凄く良い。柿澤さんとの「You're Nothing Without Me」は、二人ともきちんと芝居歌になっているし、めちゃくちゃ盛り上がる!柿澤さんの最後のロングトーンも素晴らしい。山田くんの歌はこの曲が一番良い。あと瀬奈さんとの「Double Talk (Alaura & Stone)」もなかなか雰囲気が良い。歌がうまい人とのデュエットだと山田くんはぐんと良くなるタイプなのかな。だから、優ちゃんとのデュエットは悲しいくらいなんにも入ってこない。優ちゃん、美しいし雰囲気もあるんだけど、言葉が頭に入ってこなくてするする~っと抜けていく。お芝居がなぁ……。ギャビーやボビーがどういう人なのかが伝わってこないから、スタインやストーンとの場面が薄っぺらくなってしまう。「Duet:With Ev'ry Breath I Take」、歌詞が頭に入ってこなくて、2人が切ない顔してるってことしか伝わってこない。あとラストの「I'm Nothing Without You」で優ちゃんがスタインとストーンが歌ってる間に入ってくるんだけど、あまりにも歌えてなさ過ぎて「ごめん、ちょっとそこ入らないで…」という感情が生まれてしまう…。キーが高すぎるのかな?2人の声にかき消されてしまっていて、それなら無理して歌わなくても…となってしまう。

まゆゆはトライベッカの時を考えると歌がとても上達しているから、お芝居がもっと良くなるといいなぁ。というか、めちゃくちゃ出番少ないね?びっくりした。この役にまゆゆをあえてキャスティングするとか、さすが福田さん贅沢遣いwという感じ。

二朗さんは……(自粛)。ただ言わせてほしいのは「これから上手くなります」(※ニュアンス)って歌い終わったあとに言うのずるくない?「"あの"佐藤二朗がやってるから許してくれ」って言っているように感じる。そんな免罪符許しちゃいかんでしょ。それなら言い訳入れずに、潔く歌うだけにしてほしかった。

そんな中、木南ちゃんも初ミュージカル組だったけど、とても良かった!!!「You Can Always Count On Me」はダナとウーリー2役の心境をきちんと現していて目が離せなかった!!芝居歌になってて素敵だったよ~~!!今後も舞台で観ていきたい役者さん(と思ったらカフカご出演!楽しみ!!) ほんとに観客の拍手の大きさは正直だわ、と思った。

 

 

 

福田さんによる演出・上演台本ということで 、ある程度内輪ネタが入るんだろうと予想はしていたけど、時事ネタ・内輪ネタ満載でしたね!ハハッ わたし内輪ネタや時事ネタが好きじゃないんです。なんでだろうと自分でも考えたんですが、「作品をリスペクトしていないから」と感じるからかな。ちょっと趣が違うけど、新感線もアドリブというか時事ネタをガンガン入れても、それは許せるんです。両者の違いは何かと考えたときに、オリジナル作品かどうかの違いなのかなという結論に至った。オリジナル作品だとそういう"遊び"も含めての作品だけど、翻訳物で版権取って…という元々作品として完成しているところに、"内輪ネタ"や"時事ネタ"を入れるということが受け入れられない。こちらは「作品」を楽しみにしているのに、役者の過去作品とかプライベートの情報とか、背景とか知らないと楽しめない作りになっているのが、観客を選んでるとしか感じられない。山田くん演じるストーンや二朗さん演じるアーヴィン/バディを観てもらおうとしていなくて、ストーン演じる山田くんやアーヴィン/バディ演じる二朗さんを見せようという「役者ファースト」な作りが受け入れられない。福田さんは敢えてそういう作りをしているのかな?そんな中、柿澤さん演じるスタインは、きちんとスタインとして生きてくれているので安心して観ることができるし、柿澤さんいなかったら舞台として成立してないわ。ほんとにさー、ストーンとウーリーが格子越しに保釈金について話しているときに天の声が流れるじゃないですか?わたし、脚本を手直ししているバディの声が聞こえる→現実世界に戻るっていう流れなのかな?でも声が二朗さんじゃない気がする…と考えてたらさ、ムロさんだったときの脱力感。完全にヨシヒコ入れてきた。まじかよ…なんで演出家自らハリウッドの世界観を壊してくるの…。乾いた笑いしか出なかった。

 

あと許せなかったのが、me tooをネタにしているところ。あんな風にネタにしていて…浅慮すぎる。全く笑えなかった。制作がOKしたことが信じられないんですけど、誰も何も思わなかったの…??もしくは誰も言えなかったの??あの箇所はすぐにでも変更した方がいいと思います。あーーーーーなんでアンケート置いてないんだよ!!!!冷え冷えになった気持ちになりながら、ブロ銃のときにウディ・アレンの件について何もコメント出さなかったことを今ここでネタにしてんのかな…とか穿った見方をしていた。

 

辛いコメントばっかしてしまったけど、木南ちゃんは良かったし、柿澤さんのお芝居と歌は本当に素晴らしかった。わたしはそこにチケット代払ってる。「Double Talk (Stine)」はステップも可愛くて素敵だし、「Funny」はスタインの怒りと野心が現れていて本当に好き。

 

あと数回観劇予定ですが、より良いものを目指していただきたいです…。


f:id:ta__ma:20180907233333j:image


f:id:ta__ma:20180907233357j:image

 

「モーツァルト!」@帝国劇場 2018/6/2マチネ、6/16、6/23ソワレ

古川くん、帝劇主演デビューおめでとうございました~!

 

・6/2マチネ:古川、平野、涼風、小河原

・6/16マチネ:古川、木下、涼風、小河原

・6/16ソワレ:山崎、生田、涼風、加藤

・6/23ソワレ:古川、木下、香寿、小河原

 

山崎×木下、古川×生田の組み合わせを取っていたのだけど、仕事やらなんやらで手放したりお譲りいただいたり、すったもんだありましたが、なんとかプリンシパルは全員観ることができました。ただアマデの爽ちゃんだけ観れず……ウウッ 本当に東宝は子役のキャスケ公開してくれ…ホリプロの仕事ぶり見てくれ………

 

映像でしか見たことがなかったM!を楽しみにしてました。が、my初日に当たる6/2マチネは古川くんの調子が中々に、というかかなり悪くてですね…。正直に申しますと観劇中は「わたしの13500円……」とどんよりした感情と、今まで見てきた古川くんの舞台の中で一番歌えてなかったので「いや、もっと歌えるよね??どうした??」とヴォルフのごとくぼろぼろになっている彼を心配する気持ちとで、全く芝居が頭に入ってきませんでした。なので最初で最後の平野コンスの記憶があまり残っておらず。悲しいかな。ただ、周りの山口さんや市村さんやそれこそ平野さんが舞台をなんとか支えようという迫力は伝わってきた。

チケットあんまり取らなくて(正しくは"取れなくて")良かったのかもなぁと思ったり。と、初っぱなからネガティブ感想になってしまいましたが、16マチネはだいぶ良くなっていて、23ソワレは凄く良くなってて、結果「チケット…!!」という思考に至りながら私の観劇を終えることができました。

でも出来の落差が激しすぎるのは色んな意味で辛いので、頼むよ古川くん!!!( 私が観劇した回だけかもしれないけど…、それでも頼むよ古川くん!!!)

 

前段長くなってしまいましたが、以下ネタバレあるかもよ。

 

今回の再演ではセットが大きく刷新されていて、ピアノ(正確には"ハープシコード"とのこと)がセットになっていた。そして銀橋追加。そしてそして新曲「破滅への道」追加。

 

古川ヴォルフ、1幕冒頭は小学生男子みたいなあほ可愛さとやんちゃさとエロガキさ。それが母親が亡くなったところから、才能を具現化したアマデという存在とどんどん解離していく印象。「あなたが愛しているのは自分の才能よ」というコンスの言葉にスッと冷める古川ヴォルフ。父親の死後、「大人になるの」「自分の足で立ち上がるの」の男爵夫人の言葉に彼は「アマデではなく、自身の力で作りたい」という思いもあったからなのかな?レクイエムを一人で書こうとしても書けなくて、破っては捨てを繰り返す。6/23ソワレの最期の場面、才能に食い潰されそうになりながら放つ「お前も死ぬ」は道連れにしてやるという意志も感じたけどアマデから羽ペンを受け取ったあと、「僕こそ音楽」を歌う古川ヴォルフの表情は穏やかで歌声は優しくて、最期はアマデとまたひとつになれたのかなと感じた。彼は音楽がすべてで、音楽こそ彼の人生で。

 

育ヴォルフは父親の訃報を聞いて、男爵夫人の「鎖を断ち切り自由になるのよ」が逆に彼を縛り付けているように感じた。「大人になること」「自分の足で歩くこと」に捕らわれてしまったような叫びと取り乱しかただった。最期のレイクイエムを書いているときも、できたと思って見直してみると「…あれ?」と"曲ができていない"ことに気が付く。それまではアマデが素晴らしい曲に直してくれていたのに、そこでアマデがいないことに気が付く。古川ヴォルフのような焦燥感は感じず、才能がない世界に突き落とされた印象を受けた。

 

育ヴォルフはアマデ(才能)を内包しているように感じるけど、古川ヴォルフは自分とは別の存在であるように感じる。「このままの僕を愛してほしい」も育ヴォルフは「アマデを含めて、自分を丸ごと愛してほしい」、古川ヴォルフは「アマデではなく、自分を愛してほしい」という印象。(話戻るけど)だから余計にコンスの「あなたが愛しているのは自分の才能」という言葉が、古川ヴォルフにとっては地雷なんだと感じた。育ヴォルフはこの言葉に特にリアクションはしていなくて、「煩いな」くらいの感情。

 

コンスは「インスピレーションを与えなくては」って自分を追い込んでいくけど、アマデはコンスに興味を示してないんですよね。それって、コンスはヴォルフが作る曲に全く影響を与えていないことなのかな、と思うととても辛い。ヴォルフの曲は他の人間との関係性や教育とかに影響されるものではなく、まさに神から授かったヴォルフ(アマデ)自身の金だということなんだろうなぁ。

アマデがペンを走らせて譜面を書いているとき、ヴォルフの頭の中では次々と音楽が生まれていることを現していて、母親が死んだときも父親が死んだときもアマデはペンを走らせ続けているのを見ると、悲しむエネルギーさえもアマデに使われてしまっているんだなと。アマデがコンスには見向きもしないのは、コンスが愛したのはヴォルフ自身だったからかな?父親も男爵夫人もアマデという才能を愛して、伸ばそうとしていたから、アマデも彼らには反応しているけど、コンスが来るとどこかへ行ってしまう。人が人として生きていく上で当たり前に生まれる日々の感情のエネルギーもアマデにとっては無駄なものだから、コンスに心が奪われているヴォルフに嫌気がさしているのを感じた。

 

ところで(?)、私めちゃくちゃ木下コンスが好き!!もともと歌声が好きなのもあるんだけど、「ダンスはやめられない」の木下コンスのいら立ちや、ヴォルフを愛しているからこその「インスピレーションを与えなくては」までの流れが自分の中で凄くしっくりきた。最後壁にもたれかかりながら細い声で歌う「インスピレーション与えなくては」に、どうやっても彼に影響を与えることができないと本当は悟っている。生田コンスは平野コンスの雰囲気を感じたけど、「悲しい子」「愛を乞う人」という印象が強い。コンスの激しさを感じられなかったのが残念。ピアノの上のバラを手で払い除ける仕草が感情に乗ってしているというよりも、「振り付けでやっている」という感じが否めなかったので今後の成長に期待。

 

あとわたしが気にして観ているせいもあると思うんですが、憲ちゃんアマデの存在感凄くない?「神の子」という言葉に納得しかない。最初で最後の育ヴォルフだったけど、憲ちゃんアマデに目がいってしまってしょうがなかった。

和音さんのナンネールも涼風さんや香寿さんの男爵夫人も最高に素敵だった!!  

 

www.youtube.com

 


f:id:ta__ma:20180819022946j:image


f:id:ta__ma:20180819022905j:image

映画「猫は抱くもの」

普段、映画の感想を書くことはないんだけどキャンペーン的なものをやっているので乗っかってみた。頂けるのであれば、かきざわさんのサインが欲しいです!(オブラートに包まない)

※2018/8/14追記:遅ればせながら、有難いことに柿澤さんのポストカードセットをいただきました!!サインを狙っていましたが、お気遣い(?)&当選ありがとうございました!!!

 

1回目見たときは、演出の面白さが印象に残った。雑誌のインタビューで撮影前に立ち稽古をしたと語っていたので「劇中劇でもやるのかな?」と想像していたら、「こういうことか!!」と。劇場を使った舞台のような演出で、倉庫の中の美術セットもタッチが可愛くて、ワクワクしながら見た。だけどちょっとストーリーに引っかかる部分があったんだけど、タイミングが合ったので2回目を観たら、ぐっと面白さが増した。

 

以下、ネタバレしています。

 

 

劇場を使ったセット。表舞台と上手サイドと下手サイドの客席部分に舞台を作り上げ、2階席を橋に見立てて、その下に猫たちがたむろする河原の舞台も作り上げていた。

どこの劇場なんだろうと気になってエンドクレジットを凝視したら、群馬会館という施設でした。

群馬県 - 群馬会館の利用案内・利用料金

メインプリンシパル以外は2役以上やっていたりと、まさに舞台のようだった。

 

映画ではこの劇場を使ったシーンと外ロケのシーンで構成されている。外界(外ロケシーン)にいるサオリ(エリカさま)は自分の意思に反していても「はい」と答えるだけで、他者の言葉をすべて飲み込んでしまう女性。必要以上に誰かと会話をすることがないし、感情を表に出すこともしない。それが舞台上にある倉庫の場面では、良男(猫:吉沢亮くん)には愚痴もこぼすし、物も申すしと自分の気持ちを表している。この劇場内の場面は、サオリの心中表現なのかな?彼女の心のテリトリーが劇場内にあるようで、スーパーの事務所やカラオケなど、外界と交わる場面もあるんだけど、外界にいるときよりもずっと気持ちを表しているように感じた。

 

特にそれを感じたのが、ゴッホ(峯田さん)のモデルになって絵をかいてもらう場面。サオリがアイドルに戻りたい気持ちと上手くいかない状況に悔しさと怒りとでぐっちゃぐちゃになって、ゴッホと口論→突然服を脱いで絵をかいてもらう。という初回見たときは「……!?!?なんで突然脱いだ????」とサオリのキャラクターと相いれない行動とゴッホがなぜかサオリの過去の状況を話し出して、「え???ストーカーなの???」って理解ができなくて消化不良だったんです(わたしだけ??)

それが2回目は「彼女の心のテリトリーは劇場内なのでは」という目線で見ていたのもあって、この場面はサオリの心中表現なんだと気づいて合点がいった。あの荒れ狂ったサオリは彼女の心の中で起こっていること。ゴッホの姿形をしているけど、サオリが自分自身に浴びせている言葉。突然裸になったのは、自分の心に纏わりついているものを全部取っ払って、「本当の自分」になっていることを表しているのではないかな。ゴッホがサオリの体に触れて形を確かめながらスケッチしているのも、サオリが自分が何を感じて何をしたいのかを1つずつ見つめなおしていることを表しているのではないか。良男が「あんなサオリは初めて見た」(※ニュアンス)と言っていたのは、本気で自分に向き合っているサオリを見たことがなかったということなのでは、と全てが繋がって見えるようになった。

ゴッホが絵を描いている場面のようで、サオリが自分自身を見つめなおしている場面。体の部分部分のスケッチを組み合わせて1つの絵にしていたはずなのに、サオリが目を覚ました後は別の1枚の絵になっていたのも、これが理由ではないのかな。心中表現と外で起きていることが混ざり合った世界。

 

サオリは最後に自分が好きな歌を歌うことを選ぶけど、多分彼女はそれを選ばなくても、それまでよりも1歩前に進めた人生になったはず。あんなに自分自身と向き合えた人だから。凄いなぁ。

 

最後のゴッホの姪っ子ちゃんの場面の解釈ができていないので、誰か感想教えてください(他力本願)。劇場内で起きたことはすべてサオリの想像(妄想)説も考えたのだけど、そうするとキイロの存在がわからなくなってしまうのでそれは違うはず…。

 

エリカさまのお芝居がとっても素敵だった。外界のサオリは発する言葉が少ないけど、表情やしぐさで何を感じているのかがすごく理解できた。TV収録場面で「歌手」ってフリップに書いた後の表情と仕草がほんと苦しくなるやつ…。吉沢くんは「羅生門」で拝見した時も美しい人だなぁと思っていたけど、本当に美しいね。エリカさまと並んでも美しさに引けを取らないって凄い。エリカさまにごろにゃんされる吉沢くんの破壊力はすさまじいものでした。コムアイさんのキイロとのやり取りがまぁ可愛いかった!!

そして柿澤さんですが、ナイスクズ高橋!(褒めてる) ササキは噴き出しそうになるのをこらえるのに必死でしたw

 

他の人がどのような解釈をしたのか、話し合いたくなる映画でした。

 

www.youtube.com

 


f:id:ta__ma:20180819025120j:image

「1789~バスティーユの恋人たち~」@帝国劇場 2018/4/14マチネ、4/22マチネ、5/5マチネ

再演を願ってた1789。2016年の初演1789でミュ沼に足を突っ込んだわたしにとって思い入れが深い作品。

 

・4/14マチネ:小池、夢咲、龍

・4/22マチネ:加藤、神田、凰稀

・5/5マチネ:加藤、夢咲、凰稀

 

本当はてぺさや回も取っていたのだけど、体調が悪くて手放してしまった。 

大きなところではロベスピエール役が古川くんから三浦くんへ、マリーアントワネットのWがお花さまから真咲さんへという変更はあったものの、ほぼほぼ初演と同じキャスト。

2年経ったのもあって、みなさん歌がうまくなっていたり、お芝居も良くなっていたりしていた。特に大ちゃん!!!もうほんとに歌がうまくなってて!!「デムーランの演説」とか「武器をとれ」とか、もうほんとに素敵だったよ~。なぜか大ちゃんは手放しで誉めてあげたくなる。母性が生まれる。

三浦ロベピは4月前半は歩き方というか体の動かし方が気になっていたんだけど(ロックスター?みたいな歩き方)、5月のときには気にならなくなってた。あと髪型も変わったよね?クルクル前髪だったけど、クルクルなくなってた。人形みたいなお顔の美しさなので、三部会の場面はビスクドールみたいだなぁと見つめてしまった。「誰が為に~」の「♪歪んだ~」とか最初の高音箇所が裏声で、古川ロベピの歌い方に耳が慣れていたわたしには最後まで違和感が残ってしまった…。あと演出面で初演と変わっていたのが、ロベピの彼女問題(言い方)。初演はサイラで突然の彼女登場に「お前誰だ」的なツッコミが観客の頭のなかで一斉に行われていたけど、再演ではなぜか伏線をちょこちょこ入れてきていた。要る…?要るのか…?そもそもサイラの演出をどうにかしてほしかったのもあるんだけど、要るのか…?そして再演サイラ終わりのキスが長くて、曲が終わってるのに続いてるのが居たたまれない気持ちになるし、変に間延びするので、あれは改善して欲しいなぁ(公演後半多少良くなったのかな?)。

ちなみにですが、1789は絶対1階S列下手サブセンに入ろうと思って狙って取ったんですが、やっぱり大ちゃんはいい匂いだった~~。あともう一人いい匂いの人がいらっしゃって、それは三浦ロベピでした。

 

真咲さんのマリーはギャルギャルキャピキャピしてて新しいマリーだった。「全てを賭けて」もキャッキャッしてる。まだ台詞回しにヅカの名残を感じたかな。続投の凰稀マリーはわたしが入った両回とも調子が良くなかったのか高音があんまり出てなくて、「悲しみの報い」もキーが低くなっていて残念だった(むしろ再演は毎回低いキーで歌ってるのかな?)。

 

サカケンさんのラマールは相変わらず最高でした。登場の場面で「お待たせ~~♥」ってひょっこり出てきた瞬間、「待ってたーーーー!!!!」と黄色い声を上げそうになった。場が場なら、ペンライト振り出したい気持ち。ラマールちゃんはみんなのアイドル。オランプちゃんに惚れてるラマールちゃんには愛しさしかないのに、三部会とかはイケメン歌うまおじさまになるとかギャップ最高かよ。ちなみにシークレットチャームは一発でラマールちゃんを引き当てました!よくやったわたし!!

 

てぺロナンの最後に跳ね橋の上でのにこやかな笑顔に涙溢れてくるし、和ロナンの少し寂しさを感じる微笑みにも涙が出てくる。 

はーー!かっこいい!!!

 

 

 

こっからはちょっとネガティブというか、わたし自身が感じたことなので刺さないでください。わたしが初演1789にのめり込んだのは、舞台上からのほとばしるような熱気と民衆1人1人が革命の主人公であるかのようなクランプや踏み鳴らす足音とダンスが合わさって、震えるような興奮を感じたからなんです。わたしが初演を初めて観に行ったのが4/29ソワレ。東京公演後半で勢いがついてきていた時だったのもあるんですが、舞台の熱量がもの凄く高くて、その熱に浮かされるような感覚があったんです。それを楽しみに再演を待ち構えていたけど、その熱量に出会うことができなかった。初演特有の盛り上がりだったのかもしれないし、わたし自身が1789以降舞台を観ることが多くなって閾値が高くなったのかもしれない。歌や芝居のレベルは確かに上がっていたし、感動したり涙を流したけれども、あの熱量を欲していたわたしには正直物足りなさが勝ってしまった。少し切なさを感じた再演でした。 

 


f:id:ta__ma:20180819030706j:image

 


f:id:ta__ma:20180819030733j:image

「メリー・ポピンズ」@東急シアターオーブ 2018 感想②

風に吹かれたようにあっという間に東京からメリー・ポピンズが飛び立ち、梅田に舞い降りてしまった。あっという間というか、メリー・ポピンズの観劇の余韻と次の公演を観る楽しみで、毎日が楽しくて楽しくて、ずっと楽しいまま5月のGWまで駆け抜けてしまった。メリポピ公演中、心身ともにめちゃめちゃ健康だったよ私。いや、ほんとのことを言うとGW中、体調崩しかけたけど観劇日の朝にはきっちり熱が下がってるミラクル(というか意地)。その反動でGW後にがっつり寝込んでしまったが←

自分の梅芸観劇前にぎりぎり書き終えた…

 

・4/21ソワレ:濱田、柿澤、山路、木村、鈴木、コング、浦嶋、小野田、渡邊、大前

・4/23ソワレ:濱田、柿澤、駒田、木村、鈴木、パパイヤ、浦嶋、小野田、渡邊、坂野

・4/28マチネ:平原、柿澤、山路、三森、鈴木、コング、久保田、小野田、浅沼、坂野

・4/29ソワレ:濱田、柿澤、駒田、木村、島田、パパイヤ、久保田、もう、浅沼、坂野

・5/3ソワレ:濱田、柿澤、山路、木村、鈴木、コング、浦嶋、小野田、浅沼、坂野

・5/5ソワレ:平原、柿澤、山路、木村、島田、パパイヤ、浦嶋、もう、岡、竹内

・5/6マチネ(前楽):濱田、柿澤、駒田、木村、鈴木、コング、浦嶋、もう、亀山、大前

 

前半は三森ウィニフレッドが多かったけど、後半は花代ウィニフレッドがほとんどだったんだなぁと書き出してみて気付いた。あーやメリーを増やしたくて堪らなかったんだけど、もう!増やすところが!ない!!っていうスケジュールだったので泣いた…。大阪増やそうって思ったけど、4月終わりくらいに確認したら土日綺麗になくなっててさ…さらに泣いた…。みんながメリー・ポピンズの魅力に気付いてくれたなら本望です…ウウッ

 

以下、完全にネタバレです。

 

 

 

メリーポピンズを観ると、体の細胞レベルで幸福感で溢れる(突然出てくる私の中のブルゾン)。ジェーンとマイケルの子供二人だけでなく、ジョージとウィニフレッド夫妻の成長も描かれていて、「かつて子供だった大人たち」=私自身にも人生で大事なことを教えてくれてる。それが全然説教臭くはなくて、自分の中の「気づき」に任せてくれているから心の底から感動で震える。ほんとに、メリー・ポピンズは人生の必修科目にした方がいい(真顔)。

メリーポピンズの話の中で「凧」は「縛られない人生」「自由」の象徴のように感じられた。マイケルは途中まで「飛ばない凧」を持って街中を駆け回り、父親のジョージに「パパと一緒に揚げたいんだ!」と伝える。だけど「そんな時間がどこにある」と無下に断るジョージ。ジョージは「Cherry Tree Lane」の曲中で「私が王様」と高らかに歌っているけど、まさに井の中の蛙のようで、自分の規律と秩序が正だと信じて疑わない。「The Parfect Nanny」で子供たちが自分達を「可愛らしい」と言っているのに対して、苦虫潰したように「それはどうかな」と答えてるし(これは何度みてもマジか!と思ってしまう)、ミス・アンドリューに育てられたある種の呪いみたいなものに縛られている。凧を揚げたいマイケルは、ミス・アンドリューから逃げたときにバートと共に凧を揚げる。このときマイケルの「でもパパと一緒に揚げたいんだ」という言葉に胸がぎゅっと締め付けられる。その言葉を否定せず「そうだよな」「でもパパはきっと国中の誰よりも誇りに思うよ」と優しく寄り添って答える柿バートにさらにぎゅっと締め付けられる。最初の頃はジョージに凧揚げを教えてもらいたかったマイケルの想いを優先しても良かったんじゃないかなと思っていたんだけど、バートはマイケルたちに凧揚げ=自由に飛べる喜びを教えてあげて、そのマイケルとジェーンが後々ジョージをミス・アンドリューの呪縛から解き放つ手助けをするって考えると、この場面でマイケルが凧を揚げるのは必要だったんだなぁと今は感じている。(メリーが言った「子供たちが面倒をみるんじゃないの」にも繋がる)

ちなみに凧を揚げていない大人はもう一人いて、公園の管理人さんも最初は「ここは俺の公園」と言い散らしていたけど、マイケルとジェーンとともに凧揚げをしたことで子供時代の思いを取り戻している。そういう意味では彼は"軽傷"なんだなぁと思う。

この「Let's Go Fly a Kite」の場面、美術と演出が凄く好きで、特に舞台奥に映る街と林の遠景シルエットがとても美しい (ちなみに今流行っている(?)"細かすぎて伝わらないメリーポピンズのここが好き選手権"*1で挙げるとしたら迷わずこれを選ぶ)。遠景シルエットによってジェーンとマイケルは街から遠く離れたところまで逃げてきたのかな?と思ったんだけど、そうなると管理人さんの管理範囲がめちゃくちゃ広いという疑問もあるんですよね。ただ前方席に座ってしまうと見えなくなるのが残念…。アンサンブルさんたちがシルエットで凧揚げをする姿も相まって、目の前に広がる光景が美しくて美しくて泣けてくる。

Step in Timeのリプライズ後、割れた家宝の花瓶の中から出てきたジンジャーブレッドクッキー。ジョージはどこに隠したか忘れていたって言っていたけど、意味を返せば「子供時代のことは忘れていた」ということで。このジンジャーブレッドクッキーを見た柿バートの「とても明るいね」の言い方が優しさに溢れていて、ここでも胸がぎゅっとなる。ジョージの子供時代、おそらくミス・アンドリューによる躾で子供らしく過ごせなかった時間だったと思うのだけど、ミセス・コリーのお店で煌めくような楽しい時間を過ごしたその証を「とても明るいね」と包み込むような温かさ…そして「たまに昔のことを思い出すのはいいことだよ」。あ~~~~~~柿バート大好きだ~~~~~。メリーもそうだけど、バートも誰かに意見を押し付けたりしない。ジェントルマン…。

バートが去った後にメリーがそっとマイケルが持っていた「飛ばない凧」を置いていき、ジョージがその凧をぎゅっと泣きながら抱きしめる姿に毎度涙が流れてしまう。彼が抱きしめたのは、子供の頃の自分なのかマイケルの想いなのか。

 

ミセス・コリーがジェーンとマイケルに言う「私は全部覚えてる」という台詞。子供時代のことも、生きていく過程のことも全て覚えているというのは、原作者(もしくはウォルト)の理想の姿なのかなぁ。いつでも子供のように縛られずに自由に飛べる大人。

 

ミス・アンドリュー絡みでいえば、「Jolly Holiday」の後のバンクス家の場面でウィニフレッドがキスをしようとしたらジョージが慌てふためいて、客席から笑いが漏れるところ。そんなにビックリする??って感じで面白いんだけど、「キスは女々しいこと」というミス・アンドリューの呪いなんだろうなぁ。それでも駒田ジョージはきょろきょろ見回して子供たちや使用人がいないことを確認してから、そわそわしながらキスを待っていて可愛いし、山路ジョージは髪を撫でつけながら「全然動揺してません」みたいなふりをしている姿が可愛い。ジョージは可愛い。

東京前半と後半で花代ウィニフレッドのキスした後の表情が変わった?前半の時は特に表情を変えることもなかった気がするんだけど、後半になるとフラストレーションが溜まっているような、花代 ウィニフレッドはジョージとの間にすれ違いを感じていそうな空気を感じる。元々の役者さんの個性・雰囲気もあると思うけど、花代ウィニフレッドは自己実現をしたい女性の印象で、三森ウィニフレッドはジョージの理想に沿いたいけど心が拒否していることに自己嫌悪している女性の印象(だけどその朗らかさと明るさでマイナスなイメージはないという素晴らしさ)。だから花代ウィニフレッドの表情の変化は彼女のウィニフレッド像にぴったり!と思った。

ウィニフレッドの成長は「Anything Can Happend」での「できるかどうかわからない」からの子供たちに背中を押されて、自分の力で銀行に乗り込んでジョージを救いだすことで表現されている。給料アップを要求するウィニフレッドが逞しくて笑ってしまうw 対するジョージはスパカリを歌い踊るところでも、その後ウィニフレッドに謝るところでもなくて、最後の子供部屋でマイケルに新しくて立派で本物の凧をあげて、ウィニフレッドに「そんなことより僕と踊ろうよ」とミス・アンドリューの教えでは「女々しいこと」に部類されるであろうダンスを子供たちの目の前でしたことで成長が表されていると思っている。5/5ソワレで、山路ジョージと花代ウィニフレッドの組み合わせのとき、山路さんが花代さんのほっぺを両方の人差し指でつんつんってしたときはバンクス夫妻の可愛さに爆発しました。あと坂野マイケルだったと思うんだけど(他のマイケルだったら申し訳ない…)、両親がダンスをする光景を見るのが気恥ずかしくて、もらった凧で顔を隠す仕草をしていて「その解釈100点!!」ってなった。バンクス一家大好きだよ~!

 

みんな大好きだと思うんですけど、わたし「Anything Can Happened」が凄く好きなんですよ。「どんなことだってできる。自分で邪魔をしなければ」。このジェーンの台詞が胸に突き刺さる。大きな壁だけじゃなく、日常に転がっている小さな壁であっても自分で自分を諦めてることない?気付いてもないんじゃない?って思わず自問してしまう。それでもメリーとジェーン・マイケルが空を飛ぶ場面では、全キャストがダンスをしながら「どんなことでもできる」と全ての人を肯定してくれる幸福感。「信じて走り出せ」(のとこだったかな?)で柿バートが腕をこれ以上伸ばせないってくらい伸ばしてジェーンとマイケルがそこに駆けてくるのがさ~~凄く好きなんだよ~~。Step in Timeで「困ったときは誰かが助けてくれる」の台詞に繋がっていて、ジェーンとマイケルにとってはバートがその助けてくれる人たちのなかの一人だから安心して走り出せ!って背中が語ってる柿バート。そのあと、アカペラで「どんなことも」とジェーンとマイケルが大人たちのほうを向いて2人で歌ってるとき、ジョージやウィニフレッド、メリーをはじめそこにいる全員が愛に溢れた温かい笑顔で子供たちを見つめてる様子を見て、毎度涙腺が決壊する。そこから舞台上にいる人たちだけでなく、客席も星に包まれる演出が美しくて美しくて。思いだすだけで涙が出てくる。

 

めぐメリー。もう歌声が圧倒的で東京公演前半に比べてパワー増し増し。 なんだろう、この無敵感というか、無双感というか。めぐさんのなかに「メリー・ポピンズ」という別人格がいて、そのメリーが完璧な子守りとして自由自在に動いているよう。最後の別れの場面、マイケルとのやり取りはいつも通りのめぐメリーなのに、ラストの子供たちが「メリー・ポピンズ!あなたを絶対に忘れない!」と願い事を叫んだときに、ハッと感情が揺れ動いて、でもすぐに笑顔で飛び立っていく姿に涙が出てくる。

あーやメリー、歌の高音部分もっと声量あった方が個人的には好みかなと思う部分もあるけど、でもそれによってあーやメリーの軽やかさだったり、掴もうとしてもするりと手から逃れていく不思議な魅力で溢れていて「あーもー大好き!!」ってなる(めんどくさいおたく)。東京前半よりも後半は所々人間っぽい感情が表れるようになったかな?「Playing the Game」のときの「間違っています」もより怖さが増していたし、特に別れの場面は必死に涙を堪えようとしているあーやメリーの代わりにわたしが泣いている。「みんなに任せなくちゃ」のかき消えそうな声。飛び立つときは子供たちの願い事を優しい笑顔を浮かべながら。泣く。

そうそう、子供部屋を出るときの台詞、めぐメリー「はい、何もかもパーフェクト」、あーやメリー「そう、何もかもパーフェクト」が、まさにそれぞれのメリーを表しすぎてて唸る。

 

前の感想でも書いたけど、柿バートは子供の頃にメリーに子守りしてもらったんだなぁと感じる。別れの場面、マイケルが「大好きだよ!メリーポピンズ!」と言っているのを、じっと静かに見つめる柿バート。少年柿バートはメリーに「大好きだよ」と伝えることができなかったのかなぁとぼんやり感じた。Jolly Holidayも「"みんな"メリー大好きさ」とあくまでも主語は自分ではない(はず←歌詞うろ覚え)。まぁ「メリー大好き!」っていう表情で凄い浮かれてるから、大好きなのは明らかなんですけどね。

しかもジェーンとマイケルがネーレウスと公園の中に入ったとき、柿バートがメリーに何か言おうとして一歩踏み出そうとした姿を見て胸がぎゅっとなった。そのタイミングでジェーンとマイケルがメリーに駆け寄っちゃったから何も言えなかったけど、その一瞬の動きだけで気持ちが伝わる。だからこそ最後、メリーにキスしてもらえたとき、嬉しさを噛み締めるような想いと、別れの寂しさがごちゃ混ぜになったように感じる。柿バート大好きだよ~~~

 

 

以下、覚書。

・4/29ソワレ

「A Sugar of Spoon」で久保田ブリルが「アイシングの~」とロバートソン・アイに指示する台詞がごちゃ混ぜになったので3回やり直したのに笑ったww 1回目、台詞を言ったあと「ん?もう一回やり直そうか」と仕切り直したときはただただ凄いと思った。あんな堂々とやっていただけると、こっちも気持ち切り替えられるw 3回目に成功して台所から出た瞬間、客席から拍手起きたwww

 

・5/5マチネ

 「A Sugar of Spoon」で机が上がらなくなる機構トラブル発生して、一旦幕下りたけど、あーやメリーの「魔法の効きが弱かったみたいです」からの再開。その後は凄く盛り上がった~~!この曲で初めて手拍子できた!!ずっと手拍子したかったから、客席一体となってできて嬉しかった! 

んだけど、2幕の空から登場する場面のフライングもトラブルで地上からの登場に。1幕のトラブルはまだいいんだけど(良くはない)、フライング機構のトラブルはそのあとの逆さタップとかラストのフライングとかも大丈夫なの?っていう心配と不安で物語に集中できなかった…どんなトラブルにも乱されない精神が足りない…。柿バートが逆さタップするとき「祈っててねー!」って叫んでたけど(いつとはもは「行くよー!」とか)、それを真顔で聞くわたし(強火)。そのあとは特にトラブルなかったんだけど、カテコであーやさんからその旨の挨拶があって、その悔しさが凄く伝わってきたから、わたしも凄く悔しくて涙が出てきた(どの立場)。いつも多幸感に溢れた状態で劇場を後にするのに、悔しさが勝ってしまって(どの立場)。メリー・ポピンズはカテコも含めて幸せに溢れていてほしいので、スタッフ各位におかれましては何卒よろしくお願いします(圧)。

 

 

6/5に千秋楽を迎えるなんて信じられないくらいメリーポピンズが大好きなので、ぜひ主催者の皆様におかれましてはCD を発売してください。言い値で買います。

 

残り少ないメリポピ観劇を大切にするぞ。 

 

 

絶品タイムwww 

*1:元々観劇したTwitterユーザーが始めたけど、いつの間にか平原さんはじめキャストの方々も乗ってきた

「メリー・ポピンズ」@東急シアターオーブ 2018 感想①

メリー・ポピンズを観て、私の人生の幸福度が3割増しくらいになった気がする。

みんな、チケット足りてる?大丈夫??十分すぎるくらいチケ取ったと思った私でさえ、「足りないかも」って思ってるよ??というか1枚追加したよ??もっと足したいのに自分の体が足りない!!もう入れられない!!←

気がついたら東京公演折り返し……早い。メリポピ楽しくてあっという間に1か月経ってた。

 

・3/18(プレビュー初日):平原、柿澤、駒田、三森、島田、パパイヤ、久保田、小野田、浅沼、坂野

・3/21(プレビュー):平原、柿澤、駒田、三森、鈴木、パパイヤ、浦嶋、小野田、岡、竹内

・3/25(本公演初日):濱田、大貫、山路、木村、鈴木、コング、浦嶋、もう中学生、岡、坂野

・3/28マチネ:濱田、柿澤、山路、木村、鈴木、コング、久保田、小野田、渡邊、加藤

・4/2ソワレ:濱田、柿澤、駒田、三森、鈴木、パパイヤ、浦嶋、小野田、渡邊、加藤

・4/7マチネ:濱田、柿澤、駒田、三森、鈴木、コング、久保田、もう、岡、竹内

・4/8マチネ:平原、柿澤、駒田、三森、島田、コング、久保田、もう、渡邊、加藤

・4/13:濱田、柿澤、山路、三森、島田、コング、浦嶋、もう、亀山、大内

・4/14ソワレ:平原、柿澤、駒田、木村、島田、コング、浦嶋、小野田、渡邊、加藤

 

休日のプレビュー、本公演初日とチケット持っている日程の出演者が誰なのか一向に発表されなくて、「これ当日ガチャかな」と半ばネタにしつつあったけど、前日夜にきちんと(?)発表してくれました。担当者さま、お疲れさまです。 

大好きだよ!!メリーポピンズ!!!!!

あ、すいません、ついマイケルと同じ台詞を思わず叫んでしまいました。

観ているとき自分でもわかるくらいずっとニコニコしてるし、あのワクワクする感じとか、「ワァァ…」と目をキラキラさせながら魅入っちゃう感じとか、自然とクラップしてしまう曲の数々とか、劇場を後にするときの多幸感とか、帰りの電車の中でもずっとニコニコしてる感じとか、なんか凄く久しぶりな気がして、それが嬉しくて堪らなかった!プレビュー初日、幕が下りた後の客席の興奮ったら、もう凄かったんだから!!!

ディズニー×サー・キャメロン・マッキントッシュ×サー・マシュー・ボーンの組み合わせ、最高のエンターテインメントがぎっしり詰まってました。そのエンターテインメントを素晴らしいものに作り上げた演者の皆々さまにありがとうと伝えたい。あと催行決めたホリプロ(と東宝とTBSと梅芸)もありがとうございます!!!みんな、ありがとう!!!

 

子供の頃、ディズニーで育つか、ジブリで育つかっていう流派があるみたいなんですが、私はそのどちらもさらっとしか通っていない「金曜ロードショーで見たことある」くらいの人間でして。なので「メリー・ポピンズ」がどういう話なのかほとんど知らず、あらすじを読んで臨んだのですが、そんな人でももの凄く楽しめます。知ってる人も知らない人もみんなが楽しめる凄い作品。

 

メリー・ポピンズが主役ではあるんだけど、物語の軸はジェーンとマイケルという子供たちの成長の話でもあり、バンクス夫婦を含めた家族みんなの成長の話でもあって。"かつて子供だった大人"に向けての物語でもあるメリーポピンズ。劇中でも言っていますが、メリーは「こうしなさい」って吹き込んだりやらせたりしていなくて、ただ道を示して、そっと子供たちの背中を押しているだけ。子供たちは自らどんどん成長をして、その子供たちが両親の背中を押して、両親たちも成長をしていく。泣くなんて思ってなかったのに、観るたび違う箇所で泣いてしまう。メリーやジェーン・マイケル、バートの言葉が仕事や日常に疲れた心をどんどん潤してくれる。みんな、メリー・ポピンズを観て幸せになっておくれ。

 

仕事ができる公式さんが当日券の有無をちゃんとツイッターで報告してくれるので、ちょっとでも気になる人はぜひ観てください!!!自信をもってお勧めします!!!舞台ってお値段張るから、なかなかこの界隈を趣味にしていない友達とか誘いにくいんですが、メリポピは普段舞台観ない友達を誘うことに成功しました。GWに連れていくよ!

 

marypoppins2018.jp

 

  www.youtube.com

 

楽曲は言わずもがなですが、スパカリの高揚感とか Chim Chim Cher-ee(リプライズ)の美しさとか、Jolly Holidayの幸福感とか、Step in timeの迫力とか、Anything can happenの歌詞に胸を打たれたりとか、帰り道にずっと頭の中で流れる名曲ばかり。(曲ごとの感想は別途ちゃんとまとめたい) 

TVでの宣伝番組では有名な楽曲やダンスシーン、メリーの魔法とかを中心に紹介しているけど、もちろんそれらも物凄く素晴らしいんだけど、お話自体が凄く心に沁みるんです!!!ってことを声を大にして言いたい。お話を担う子役ちゃんたちが凄い。めちゃくちゃ上手い。歌もお芝居も。それにおそらくジェーンとマイケルが一番舞台に出ずっぱりだと思うんだけど、2幕ラストまでパーフェクト!しかも各々細かいところまでお芝居していて観ていて楽しい。

あと、この演目は1階席だけじゃなく、2階・3階席でもめちゃくちゃ楽しめるのでお勧めです。照明の美しさとか、星に包まれる感覚とか、最後のフライングとかは上階のほうが堪能できる。比喩ではなく、本当に星に包まれるからね!!2階席で初めて観劇した時、目の前の光景があまりにも美しくて鳥肌がぶわっと立った。舞台セットもすっごく素敵で、特にバンクス家は飛び出す絵本みたいな仕掛けで可愛い。そして銀行の場面は何度見ても不思議な感覚になる。舞台セットの転換も見事。

 

●キャスト別感想●

あーやメリーはご自身で「メリーは宇宙人」と仰ってるように、まさに宇宙人!!プレビュー観たときは「宇宙人…?」といまいち分からなかったんだけど、めぐメリーを観てその意味が凄く分かった。あーやメリーは"何を考えているか読めない人"。でも雰囲気や歌声、表情がチャーミングだから思わず魅かれる。何よりあーやさんは目の使い方がすっごく魅力的だよなぁ。楽しいことや面白いことを見つけた!っていう目をしてる。だからこそ「Playing the Game」のときの「その考えは間違っています」の台詞がドキッとするほど怖かった。最後マイケルに「大好きだよ!メリー・ポピンズ!」と言葉を投げかける場面。それまで表だって感情を出していなかったあーやメリーが唯一心が揺さぶられているのが、凄く伝わってくる。「みんなに任せなくちゃ」の掻き消えそうな歌声にぐわっと心が持っていかれる。そのあとのフライングでは、凄く幸せそうな表情で客席を見渡していて、涙が出てくる。いやぁ、あーやさんは初めましてだったけど(「Beautiful」は水樹さんのほうだけ観劇したので(無理してでもあーやさんのも観ておけば良かったー))、こんなに素敵なメリーになるとは!嬉しい誤算!!と、手持ちチケットの平柿ペアの少なさに泣いた。そして追加した← あ、そうだそうだ、あーやメリーの「Supercalfragilisticexpialidocious」の発音が好き。癖になる。

めぐメリーは安心安定圧巻の歌声。気持ちよく伸びる歌声に聞きほれる。さすがめぐさん。チャキチャキハキハキしてるから、あーやメリーよりも子供たちを教育している感じが強めに出ているかな。元々めぐさんの歌声って慈愛に溢れているじゃないですか?厳しいけど歌声に慈愛がたっぷり溢れているから、人間味というか愛情深いメリーになっている。そんなメリーだから子供たちも慕う。宇宙人感というよりもプロフェッショナルの子守という感じかな?あーやメリーは「あの人、油断ならないよ!」というマイケルの言葉がしっくりくるけど、めぐメリーは「怒りんぼになってよ!メリー・ポピンズ!」の言葉がしっくりくる。しっかし、めぐさんってどんなに早口でも一音一音がきちんと耳に入ってくるから凄い。

 

子供たちから見たら、柿バートは同じ目線で一緒に楽しんでくれる"お兄ちゃん"、大貫バートは手を差し伸べて導いてくれる"お兄さん"という感じかな。そして柿バートは"かつてマイケルのような少年"であり、大貫バートは"メリーと同じ宇宙人の友達"という感じ(ニュアンス伝われ)

大貫さんはさすがのタップとダンス!音に体の動きがばちっとハマってる。軸ぶれないし、ターンのスピードが速い速い。そしてタップもお見事。鳴ってる音すら美しい!!逆さタップも真ん中で止まったところで、マリオがジャンプするときみたいに両足離したからびっくりしたよ!(ちなみに柿澤さんは片足がMAX) そしてそんな逆さタップでも良い音がする大貫バート凄い。身のこなしがとってもスマートで紳士的。ダンスも立ち振る舞いも「パーフェクトです!」なイケメンバート。

柿バートめちゃくちゃキュートなんですけど?何とあのかきざーさんが人を殺しません!(語弊) 神になろうとしません!!(語弊) 最初から最後までキュートなかきざーさんです!!キュートな柿澤さんってめちゃくちゃ可愛いからみんな覚悟して見てね。かきざーさん、歌声がとっても表情豊かで、台詞のように歌うし、歌うように台詞を語る。子役ちゃんたちとのやり取りが遊びに溢れていて可愛い。スパカリのところでは「速い速い」とか、「いいところ持っていくよね~」とか「参りました」とかその日その日に合わせて入れていたり、提督との会話で平泉成さんとか我修院さんの声真似(?)してたり、ウィロビーちゃんのところでは片言日本語みたいになってたり、ディズニーの作品ってアドリブの余地なさげなのにがんがん攻めてくる柿澤氏。でもそんなアドリブも「柿バート」の一部になってて、凄く馴染んでる。 

 

まさにこれ!!かきざーさんがtwitterで述べてましたが、柿バートはマイケルのような少年だった過去をとても感じる。「柿バートは子供の頃に会ったぶりにメリーに再会したのでは」と感じたので、そう考えながら観ると諸々の場面がめちゃくちゃ愛おしくなります。メリーと出会う場面、ずっとずっと再会するのを待ち焦がれていた様子や、メリーに今度会ったらどこか連れてってくれる約束って少年バートがメリーと約束したのかなとか、想像が膨らむ。特に最後のマイケルとメリーの別れの場面。バートは2人のこの会話が少年マイケルにとって最後だっていうのがわかるから、凄く切ない顔をしていて。そしてメリーにキスされた後、次いつ会えるかわからない寂しさ悲しさと嬉しさがごちゃ混ぜになった表情がとてもとても良いのでみんな観て…。あと、ライトが当たっていないときのお芝居も凄く良いのでぜひ観てください。

スパカリとかJolly Holidayとかのダンスはキュートでハッピーで、Step in timeのタップは音も良く鳴ってて楽しい!(アキレス腱のこともあったから胸がいっぱいになった)

 

ジョージとウィニフレッド夫婦は山路さん&花代さん、駒田さん&三森さんペアがずっと続いて、4月半ば過ぎて初めて山路さん&三森さんと駒田さん&花代さんのペアを観劇。相手が変わると夫婦の関係性も変わって面白かった。花代さんのウィニフレッドは「元女優」という肩書通り、華があって、ハキハキしている。だから山路ジョージにも駒田ジョージにも押しが強めな印象wでもジョージの求める「上流階級の妻」になれない、なりたくない自分の気持ちのやり場に折り合いがつけられていない様子が出ていた。三森さんのウィニフレッドはおおらかで朗らかで、自分を抑えて夫を立てている妻。時代的には三森ウィニフレッドみたいな女性が多かったんだろうなぁ。だからこそ、「Being Mrs Banks (Reprise)」で「私が見つけ出す」と決意する姿や、「女だから無理なの」と言っていた彼女が「Anything can happened」で自分の殻を破って成長する様がめちゃくちゃ胸を打つ。メリポピの曲は至言ばかりで胸に突き刺さる。駒田ジョージがコミカルだから、駒田×三森の組み合わせだとお似合いの夫婦だなぁと感じたけど、山路ジョージだと山路さんが凄く厳格なパパでびっくりした。三森さんが相手だと、歌よりも台詞に重きを置いていた。駒田さんはプレビュー初日に観たときは頭の片隅にテナルディエがどうしてもちらついてしまったんだけどw、回を重ねるごとに「ジョージ」にしか見えなくなった。それも「問題"児"のジョージ」。花瓶が割れた後の柿バートとのやり取りがめちゃくちゃ好き。4/14ソワレ、ラストのシーンでマイケルに返そうと望遠鏡をしまうときに「ポンッ」と良い音がしてレンズの部分とかが飛んで行ったのには笑ってしまったwwww物凄く良い場面だから、観客含め一瞬どうしようと考えたけどあれは笑いを堪えられなかったww笑いに包まれた貴重なラストでした!!!(その日のカテコで柿澤さんとあーやさんに弄られてたwww) 山路さんはウィニフレッド役に合わせてお芝居を変えていてたけど、納得のお芝居…!!公園から帰ってくるときの服の乱れが、公演を重ねるごとに凄くなっていくんだけどwwどうしたらああなるwww あと「すいませんでした」の言い方がめちゃくちゃ好きですw 夫婦の関係性は山路>>>>三森、山路>>花代、駒田>>三森、駒田>花代という感じかな?

 

ミセス・ブリル:久保田さんはさすがのお芝居のうまさ!ロバートソン・アイに対する攻撃力が高いww あと「家宝が~~~~~~~」が抜群です!!「美味でございます~~~~」の秀逸さと同じレベル。何度観ても笑ってしまう!りんこさん、幕が開いた当初はお芝居というよりも歌のほうが印象に残ったけど、4月に入ってから観たらめちゃくちゃお芝居良くなっててびっくりした!

ロバートソン・アイ:小野田くんがロバートソン・アイって勿体なくない??って思ったらみんな思ってた(アンジョルラスおめでとうございます!!!)。良い声を堪能できる箇所が少なすぎるぞ!!!!でもとても楽しそう。もう中はもう中でもありロバートソン・アイでもあった。観たらわかる。自分は今、もう中を観ているのかロバートソン・アイを観ているのか分からなくなる、そんな感じです。低い良い声出てました~

バード・ウーマン/ミス・アンドリュー:両極端の2役。お二方のバード・ウーマンの「Feed the Birds」が美しくて心が浄化される。ミス・アンドリュー、ほのかさんはコミカルな感じが強めに出てて、解毒剤を飲んだ後の「え゙え゙え゙え゙え゙え゙え゙え゙」の時の表情に笑ってしまうww 歌穂さんのミス・アンドリューは本家ディズニーヴィランズ!!と言ってもいいほど、お顔がヴィランズ顔。歌穂さんのを観るとなんか101のクルエラを思い出す。

 

プリンシパルだけじゃなく、アンサンブルさんたちも本当に魅力的で!エリアンナさん演じるミセス・コリーは沖縄(?)訛りが何とも魅力的で店の主感が際立ってた~。ネーレウス役の長澤さん、Jolly Holidayのときに舞台上手でやるピルエットが美しすぎてガン見しちゃう。とりあえず全体的に目が足りない。

 

3月はカテコのお写真OKだったので、いくつか。私の携帯と腕のスペック高くないので雰囲気だけでも。ちなみに、開演前・幕間・終演後は撮影可です~~。

カテコのスパカリを一緒に踊りたい~~~~!!!!カテコで全力拍手するから、終演後だいたい汗かいてる。わたしも全力です。

 

 <3/21>
f:id:ta__ma:20180419233219j:image

f:id:ta__ma:20180419233439j:image

 

<3/28マチネ>

この日はネーレウス役が工藤さん、ミセス・コリーが般若さんの回!
f:id:ta__ma:20180419233252j:image


f:id:ta__ma:20180419233353j:image

  

<番外編:3/21>

シルエットでもすごい笑っているのがわかるかきざーさん。そしてめちゃくちゃ笑顔なほのかさん。
f:id:ta__ma:20180419233516j:image

 

<番外編:3/28マチネ>

わたし、この紗幕が下りた後のみんながダンスしているのが本当に大好きで!!!舞台上も客席も幸せでいっぱいに溢れていて、幸せで嬉しくて涙が出てきそうになる。特にウィニフレッド役の三森さんや花代さんがマイケル役の子役ちゃんを抱っこしてくるくる回ってる姿を観ると涙腺が一気に緩む。
f:id:ta__ma:20180419233622j:image

 

ほんとに幸せになれるメリー・ポピンズ。みんな、観ておくれ!!!